ウェディングドレスの専門情報サイトウェディングFairyへようこそ!

ウェディングドレスを良く見せるポイント

デコルテは痩せるべからず

艶やかなデコルテは、自分の手入れが行き届いた大人の女性のイメージが定着します。
女性らしさが印象付くデコルテですが、最近はビスチェタイプが人気の影響からか、デコルテケアの大切さはあまり重要視されていません。

ここは痩せて鎖骨を浮かせるというよりは、クリームなどのマッサージケアなどで、ツヤのあるデコルテを目指してほしいです。実はビスチェなど、デコルテが大きく開いたドレスは、華奢すぎる人が着ると貧相に見えてしまいます。

日本人はどうしてもデコルテ部分に厚みのない人が多いのですが、ボリュームのあるデコルテほど、ドレスをカッコよく着こなせます。ここはヘタに「痩せる」のではなく、きちんと手入れされたデコルテを作り上げる事が重要です。

作りこまれたデコルテは品よくセクシーで、モテ花嫁さんの第一条件でしょう。保湿やスクラブに、そしてマッサージにと総動員のケアでお手入れをしましょう。

いくらお手入れしていても、できてしまったデコルテのニキビやしみは当日担当してくれるヘアメイクさんに伝え、カバーしてもらいます。ただしデコルテや背中、腕などのボディパーツのメイクは、会場やヘアメイクさんによって対応は様々です。

ヘアメイク料金に含まれているか、料金が別途かかるのかをきちんと確認しておきましょう。必要ならばメイク用品やボディケア用品を持っていく事を忘れずに。

そして最後の仕上げは姿勢です。鎖骨が左右に引っ張られるような感覚で、胸を少しそるように開きましょう。そして肩をさげれば、ハリウッド女優のような堂々としたドレス姿になります。姿勢が良いと、ビスチェのデコルテラインにのっかるワキ肉も、気にならなくなるでしょう。

△トップへ

バストメイクはお金を払って手に入れる!

ウェディングドレスは胸で着る。と言われるように、バストラインとドレスは密接な関係です。デコルテのデザインによっては胸が小さい人の方が似合うものもありますが、大きくても小さくてもキレイなバストラインをつくる事は、どんなウェディングドレスにも必要不可欠です。

エクササイズやマッサージなど、お手入れバッチリな花嫁さんならいいのですが、バストラインの事まで構っちゃいられないと言う花嫁さんは迷わず美しいバストラインを購入してしまいましょう。つまりきちんとしたインナーを買おうという事です。

ウェディングドレスショップなどでブライダル専用のインナーを購入するのも可能です。日にちが迫った花嫁なら百貨店などで相談して買うのもいいでしょう。ブライダル用のヌーブラもあるぐらいの昨今ですので、プロのアドバイスを受けてインナーを用意してください。

普段から毎度サイズを測ってもらい下着を購入する人は少数です。こんな時ぐらい、せめてきちんとプロの手でサイズをチェックしてもらって揃えてください。格段にあなたのスタイルをよく見せます。

◆Favorite◆

沖縄 脱毛サロン

2017/11/13 更新

△トップへ

(C)ウェディングドレスの Fairy. All Rights Reserved.